iPhone ホワイトモデルの購入はソフトバンクモバイルオンラインショップで!

2010年03月29日

Mac OS Xから出る音を録音する

 Mac OS Xから出る音を録音するには、「Soundflower」というシステム拡張アプリケーションを使います。Cycling '74から提供されています。http://code.google.com/p/soundflower/からSoundflower-1.5.1.dmg(Uploaded: Sep 02, 2009)がダウンロード出来ます。

 Soundflowerは入力、出力ともに対応した仮想オーディオデバイスです。

Soundflowerins.jpg


 Soundflowerをダブルクリックしてインストールします。
インストールするとシステム環境設定のサウンドにSoundflower(2ch)とSoundflower(16ch)が追加されます。

sound.jpg



 普通はサウンド出力する装置は「内蔵スピーカー」だと思いますが、これを「Soundflower(2ch)」にすると、鳴らしていた音が一切しなくなります。

 これは、音声が仮想オーディオデバイスである「Soundflower(2ch)」にすべて流れているからです。これを録音してしまえば、いいわけです。

 さて録音ソフトですが、Mac OS X 10.6 Snow Leopardであれば付属のQuickTime Playerで出来ます。
  QuickTime Playerを起動し、「ファイル」→「新規オーディオ収録」を選択します。

qt1.jpg


 「オーディオ収録」画面の右にある▼をクリックして、メニューか「Soundflower(2ch)」を選択します。

qt2.jpg


 
qt3.jpg


 すると、上の画像にあるように入力レベルが動きだし、音が拾えていることが分かります。録音ボタン(赤丸)を押せば録音を開始し、停止ボタン(黒四角)を押して録音を終了します。

 しかし、このままでは音が聞こえないので録音するには支障があります。
 そこで、「LineIn」というアプリケーションを使います。LineInは、指定したライン入力を指定したライン出力に音声を渡す為のアプリケーションです。Rogue Amoebaの「Freebies」>「LineIn」>「Download Now! 」よりダウンロードします。

 起動すると以下のような画面が出ます。
 
 
linein.jpg


 「Input from:」に「Soundflower(2ch)」を「select」から選び、「Output to:」に「Built-in Output: Internal Speakers」など出力先を「select」から選びます。そして、「Pass Thru」を押すと、出力先に指定したところから音が出ます。

 録音の時の注意点としては、QuickTime Playerの音量は、一番下(消音)にしてください。録音レベルの調節はMac側の音量で調節してください。こうしないと、QuickTime Playerが音を出すようになって、その音がまたQuickTime Playerに入力されてしまい、結果、ハウリングを起こしてしまいます。一度やってみれば分かります。

 どうでしょうか?これで、Mac OS Xから出るどんな音声も録音することが出来ますね。
 この方法は基本となりますので、是非覚えてください。

  ところで、Mac OS X 10.6 Snow Leopardより前の場合、録音ソフトを用意しなければなりません。QuickTime Proのライセンスを買えば出来ますが、「bicoid STUDIO」というフリーウェアをインストールすると、通常版のQuickTime Playerを利用して、オーディオ/ムービーの新規レコーディングを行う事ができます。ダウンロードは、アップルのサイトから出来ます。

http://www.apple.com/jp/downloads/macosx/audio_video/bicoidstudio.html


Mac OS X 10.6 Snow Leopard

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: DVD-ROM





Mac OS X 10.6 Snow Leopard ファミリーパック

Mac OS X 10.6 Snow Leopard ファミリーパック

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: DVD-ROM



ラベル:録音
posted by AppleStreamer at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利な使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。