iPhone ホワイトモデルの購入はソフトバンクモバイルオンラインショップで!

2012年09月24日

Thunderbolt/USB 3.0接続対応、3.5インチ5ベイRAIDハードディスクドライブケース「Drobo 5D」

Thunderbolt x2、USB 3.0 x1、5スロット、RAID5/6、4TB HDD対応、SSD/mSATA SSD対応、3.5インチハードディスクドライブケース「Drobo 5D」が発売されます。

 

「Drobo 5D」について
新世代の高速インターフェースである『Thunderbolt』を搭載し、前世代のDrobo S3.0と比較して、最大で約5倍の高速データアクセスパフォーマンスを実現しました。
また、写真やデザイン、ムービーなどの大容量データをより短時間でバックアップすることを可能にしました。
『Drobo 5D』は、『Thunderbolt』を2ポートを装備し、6台のデイジーチェーン接続でき、最大使用可能容量を96TBまで拡張できます。
デイジーチェーン接続した、すべての『Drobo 5D』間で、『Thunderbolt』により双方向最大10Gbpsの転送速度を実現可能にしました。

『mSATA』アクセラレーターベイが標準装備されました。mSATAフラッシュを装着することとSSDドライブを使用することで最高のパフォーマンスを発揮できます。『Drobo 5D』は、全スロットにSSDを搭載可能にしました。大規模ストレージでは一般的なティアリング機能をブラッシュアップして搭載することにより、データの利用頻度や重要度により保存先をHDDとSSDの最適なティアに保存します。Adobe『Premiere』やApple『Aperture』といったアプリケーションにおいて高速データアクセスを可能にします。

『Drobo 5D』は、クリエイターが使用するための条件をあらゆる角度で分析して最初から設計をし直しました。HDDをよりスムーズに脱着できるようにドライブベイも再設計しています。主要な小型ストレージ製品と比べコンパクトなボディに、Droboならではの高機能を詰め込みました。個人ユースから小規模オフィスでの利用はもちろんのことクリエイターのワークスペース事情も考慮して、より魅力的なストレージに生まれ変わりました。

『Drobo 5D』は、より大きなデータを取り扱えるよう、従来のDroboで使用されていた内蔵バッテリーより容量を拡大しました。突然の停電や電源供給が絶たれた状態が発生しても、重要な情報を確実に守ります。また、大型の可変速冷却ファンを搭載することで、前世代機種Drobo S3.0に比べノイズが大幅に低減されています。Drobo本体を使用していないときには、HDDを省電力設定にし節電する事もできます。

『Drobo 5D』では、専門知識不要で、Drobo独自のBeyondRAIDテクノロジーによるシングルディスク冗長またはデュアルディスク冗長技術が搭載されています。またデータ量の増加によってHDDの容量が一杯になったときも、増えた容量に応じて必要な容量のHDDを追加するだけでOKです。ホットスワップに対応しているので、HDDの追加は通電したまま脱着可能。ダウンタイムなしでドライブを拡張できます。また、容量不足になった時に、筺体側面のライトが赤く点灯してお知らせ。容量の小さいHDDを取り外し、より大容量のHDDに交換してください。

posted by AppleStreamer at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288487272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。