iPhone ホワイトモデルの購入はソフトバンクモバイルオンラインショップで!

2012年09月29日

アルミフレームに傷のないiPhone 5を手に入れた後は…

話を整理しないといけないのは、新品に傷があることと、購入後に傷が付いたことは明確に別けて考えなければいけません。新品に傷がある場合は製造工程のミスであり、今までAppleがこだわり抜いてきた美しい製品をけがすものです。これはAppleが誠実に交換などの対応をする必要があります。実例ではガラスと液晶の間に目を凝らさないと分からないくらいのチリが混入していただけでも交換対象でした。
さて、傷のない完璧なiPhone 5を手にした後の傷についてはどうだろうか?米Appleの上級副社長、フィル・シラー氏は「アルミなんだから傷が付くのは当然だ」と回答しています。これは正しいと思います。iPodの美し過ぎる程の鏡面加工されたバックパネルは、いとも簡単に傷が付きました。これに苦情を言ったユーザの記憶がありません。傷が付く素材なのです。
傷を絶対に付けたくない方は、ケースで完璧に防護しなければなりません。その代償として美しいiPhone 5の素の姿を見られなくなります。反対に美しいiPhone 5の姿を見ながら時として傷がついても良しとする選択も良いでしょう。iPhone 5は少々の落下くらいでは壊れないほど頑丈になったようなのでカバーなしでも大丈夫そうです。この選択はAppleではなくユーザにあると言えるでしょう。では、最高のiPhone 5の体験を楽しみましょう。(マップ問題はさておき。)


posted by AppleStreamer at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294626057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。