iPhone ホワイトモデルの購入はソフトバンクモバイルオンラインショップで!

2012年10月25日

ようやく加速する電子書籍市場、GALAPAGOS、Kindle、楽天kobo、BookLive、そしてiBooks

日本ではなかなか本格化しなかった電子書籍がようやく加速しだしました。国内で先行していたGALAPAGOSやBookLive、Yahoo!ブックストアがありましたが、AmazonがKindle、楽天はkoboと独自デバイスをリリースしました。書籍は重複はあるものの数万冊を取り扱うストアをそれぞれ用意しています。AmazonがKindleを日本で開始したのは楽天koboが同様のビジネスモデルで世界進出をしだしたためとも言われています。恐らくそれでだけが理由ではなく、版権を持っている日本の出版社がようやくコンテンツをデジタル化し始めたのが要因ではないかと思います。
楽天koboとYahoo!ブックストア以外は、iOS向けのアプリを提供しています。(Yahoo!ブックストアはブラウザベースでiOSで使えるとありますが使い勝手が悪く勧められません。)
そしてAppleはiPad miniを発表し、iBooks 3.0で中国、韓国、日本語表示に対応させてきました。予想ではそう遠くないうちに日本でiBooksストアを開始すると思います。
環境は整いつつあります。あとはどこのストアで購入するかがポイントとなります。同一の書籍でもストアによって価格の付け方が少し違っています。今のところ対応デバイスの数で価格が決まっているようです。PCまで対応しているBookLiveは少し高めの設定になっています。また、Kindleストアは個人出版がし易くなっていますので他のストアにない書籍が出てくる可能性があります。iBooksも出版は出来るのですが、現在はISBNコード(図書コード)を書籍に振り当てなくてはならないので敷居が高くなっています。
暫くは横並びや乱立状態が続くと思いますが、そのうち淘汰されたり独自性がでたりしてくれば良いですね。

posted by AppleStreamer at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298976238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。